1. トップ
  2. カネカの強み
  3. 5つの製品特長

カネカの強み カネカ有機EL照明の5つの製品特長

特長 1 高演色*1

R1~R15 まで、バランスの取れた特殊演色評価数*2を実現しています。
高演色タイプの場合、自然な色味を再現したいシーンに適した光源です。

  • *1 3000K(高演色タイプ)及び4000K(高演色タイプ)の場合。
  • *2 平均演色評価数Raが100に近づくと、太陽光の下で見る色に近い色を再現できるようになります。
  • *2 グラフのデータは、カネカ有機EL照明パネルの実測値の一例であり、全てのパネルに共通する保証値ではありません。
有機ELの発光のしくみ
図1:特殊演色評価数
4000K(高演色タイプ)

用途例

ドレッサーやパウダールームの照明として使用すれば、鏡に映った顔色も、太陽光の下で見る色に近い色を再現します。商品の色がより自然に見えるので、店舗什器の棚下照明などにも適しています。

採用実績

特長 2 薄くて軽い

厚さわずか1.1mm。照明器具による圧迫感を減らすことで空間をより広く見せることができます。
パネル自体も軽量で、導光板や拡散板などの必要がないため、照明器具の部品点数を削減、軽量化が図れます。

* コネクタの厚さを含まない。

用途例

軽量という特長を活かして、取り付け・取り外しやすい照明器具に。薄さを利用して広い室内空間の演出も可能です。

採用実績

特長 3 鏡のような美しさ

カネカ有機EL照明パネルは構造上、消えている時は鏡のように見えます*。
その特長を活かし、ユニークな演出が可能です。

*OCFなしの場合(OCF=輝度を向上させるためのオプティカルフィルム)

OFF

ON

用途例

鏡と一体化した演出用照明など、ふと足を止めたくなる空間を作ります。

特長 4 人・もの・地球に対する配慮

カネカ有機EL照明パネルが出す光は、赤外線が既存光源に比べて少ないほか、紫外線が含まれません。
紫外線を含まず、パネル自体の発熱も少ないため、デリケートなものを照らす照明として適しています。国宝の展示照明としても採用された実績があります。(図3-2)
また、パネル本体には水銀が含まれておらず、地球へのやさしさも考慮しています。
人の目に対する国際規格では、IEC/EN 62471: 免除リスクグループ、IEC/TR 62778: 免除リスクグループとランク付けされました。

図3-1:分光分布(4000K高演色タイプ)
図3-2:国宝「鳥獣人物戯画」の展示照明に採用
(京都国立博物館 特別展「国宝 鳥獣戯画と高山寺」 2014年)

用途例

博物館・美術館の展示ケースや、大切なコレクションの展示ケースに適しています。

採用実績

特長 5 劣化しにくい光源

カネカ有機EL照明パネルは、長時間使用しても色温度の変化が少なくなっています。足元灯など、発光面が見える場合は、発光色と壁紙の色のバランスの変化、棚下照明などモノを照らす場合は、展示物の色の見え方の変化を抑えることができます。
輝度の低下も少ないので、平均輝度寿命LT70が3000K通常タイプなら50,000時間、高演色タイプの3000K、4000Kでも40,000時間です。

  • * 初期輝度から30%減光したときを寿命とした場合(当社測定法による)
    カネカ有機EL照明製品の寿命を保証するものではありません。
図4:点灯時間による色温度の変化(300K通常タイプ)

* グラフの値は実測値であり、保証値ではありません。データは継続測定中です。