Concept

光と影から趣が生まれ、自然なあかりに心が和む。

カネカ OLED が持つ、やわらかな光を使った新しいカタチの照明ブランド、「KANEKA LUCE( カネカ・ルーチェ)」。

上質な光を壁面にバウンドさせることで、自然な明るさと、やわらかな陰影をつくり出し、趣のある上質な空間をデザインします。また、どんな空間にも馴染むシンプルな外観には、「光で創造する空間」を主役にしたいという想いが宿っています。

明るさや寿命だけではなく、あかりの美しさにこだわると、人の暮らしは、もっと豊かで上質になる。

KANEKA LUCEのあかりによって空間を自由にデザインできる喜びをぜひ体感してみてください。

Products

Rotatable Floor Light

KANEKA LUCE F1-MS/WH/BZ/BK

Play Pause

Rotatable Floor Light

KANEKA LUCE F1-MS/WH/BZ/BK

発光面を回転させることができます。
設置時には電源コードの配線が必要です。


Rotatable Wall Light

KANEKA LUCE W1-MS/WH/BZ

Play Pause

Rotatable Wall Light

KANEKA LUCE W1-MS/WH/BZ

発光面を回転させることができます。
設置時には電源コードの配線が必要です。


Rechargeable Light

KANEKA LUCE T1-MS/WH/BZ/BK

Battery Charger

KANEKA LUCE F2-MS/WH/BZ/BK

Designer

美術館の絵画や展示作品の照明としても、その性能を発揮しているカネカのOLED。厚さわずか1.1mmのパネルから均一に広がる、やさしい光に出会ったとき、日本人特有の美意識を大切にした「光と影が調和する美しい空間」を表現できると確信しました。このたび、OLEDを、「KANEKA LUCE(カネカ・ルーチェ)」というプロダクトにすることで、あかりによって空間をデザインする喜びを、一人でも多くの人に届けたいと思っています。


豊久 将三(とよひさ しょうぞう)

照明家。
最新のテクノロジーを使った光の設計を主に行う。ニューヨーク近代美術館「CONTEMPORARY JAPANESE TEXTILES」展における光ファイバーを使用した照明で世界的な評価を得る。東京国立博物館をはじめ、ポーラ美術館、サントリー美術館、原美術館、根津美術館、三菱一号館美術館などの展示照明、国立国会図書館 関西館などの大型施設照明、Dior表参道、GUCCI銀座、POLA銀座、OAK表参道などのファサード照明や店舗照明、アートコレクターの自邸の照明を手がけるなど、幅広い活動を行っている。

Contact us

KANEKA LUCEの実物をご覧になりたい方は、お問い合わせください。

株式会社カネカ
OLED事業開発プロジェクト 市場開発グループ
https://www.kanekaoled.jp/